アクセス・概要

当院の紹介

徹底した衛生管理

現在、院内感染(ある患者様から他の患者様への感染)は、医療現場では無視できない大きな問題です。血液や体液を介して感染が起こる病気にはB型肝炎、C型肝炎、エイズなどがあります。出血を伴いやすい歯科治療では、器具を介してウイルス感染が起こるリスクが高まるため、徹底した衛生管理が必要です。竹田歯科クリニックでは、院内感染を防ぎ、皆様に安心・安全な歯科医療を提供するために、ディスポーザル(使い捨て)が可能なものは使用し、その他の診療器具、器械は全て患者様毎に滅菌処理を行なっています!

洗浄・消毒・減菌の違いとは?

  • 洗 浄
    流水と洗剤を用いて、
    目に見える汚れを洗い落とします。
  • 消 毒
    人に対して有毒な微生物を殺すか、
    病原性を弱めて、
    感染力をなくすことです。
  • 減 菌
    全ての最近を死滅させ、
    無菌状態にすることです。
治療器具の洗浄・消毒

使用済みの治療器具の洗浄は、ドイツ・ミーレ社の「ミーレジェットウォッシャー」を使用。世界最高水準の洗浄力を持つ高圧洗浄機能により、今まで洗浄できなかった複雑な構造の器具の汚れも徹底的に除去し、除菌処理を行います。

治療器具の殺菌

歯科用の治療器具の中でも特に滅菌が難しい複雑な形状の器具(歯科用ドリル、ガーゼ、インプラント手術器具など)も、内部までしっかりと滅菌できるシステムを備えた、ヨーロッパ認定規格水準のクラスBオートクレーブ2台で滅菌しております。

治療器具の保管

殺菌処理後、滅菌保存バックに入れて保管します。血液や神経に触れる外科器具などは使用直前に開封しています。

  • 患者様ごとの器具セット
    基本セットは一人ずつに分けた状態でオートクレーブで完全滅菌し、患者様に使用する直前で開封します。紙コップ、エプロン、グローブなどはディスポーザブル(使い捨て)にしております。
  • タービン・バーの滅菌消毒
    歯を削るタービン、バーは使用ごとに滅菌しています。滅菌することは、器具そのものの寿命を縮めますが、それ以上に衛生管理を重視しています。
  • 診療ユニット・テーブルの消毒
    治療時に発生した、目に見えない唾液や血液・歯質の粉塵などの飛散を治療後に専用のワイプス(除菌クロス)しっかり拭き上げます。
電解中性機能水システムポセイドン
歯科ユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドン」の導入により、ユニット(診療台)に流れる水自体をキレイにしています。
竹田歯科クリニックは
歯科外来診療環境体制加算施設です!
歯科外来診療環境体制』とは、歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての
装置・器具の設置などの取り組みを行っている体制
のことです。
竹田歯科クリニックは、厚生労働大臣が定めた施設基準に適合し、地方社会保険事務局長に届けを出している医療機関です。
これからも、当歯科医院では、より安全・安心な診療環境を作るため、努力していきます。
なお、厚労省が定める施設基準は以下のとおりです。
歯科外来診療環境体制加算
(外来環)の施設基準
  • 1 所定の研修を修了した常勤の歯科医師が、1名以上配置されていること。
  • 2 歯科衛生士が、1名以上配置されていること。
  • 3 緊急時の初期対応が可能な医療機器(AED、酸素ボンベ及び酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター)を設置していること。
  • 4 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
  • 5 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処置を徹底する等十分な感染対策を講じていること
  • 6 感染症患者に対する歯科医療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
  • 7 歯科ユニットごとに滋賀の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるよう、歯科用吸引装置等を設置していること。
  • AED

  • 酸素ボンベ

  • 血圧計

  • 血圧計
    口腔外バキューム

駐車場のご案内

アクセス・診療時間ACCESS

診療時間
9:00~12:00
13:00~17:00
9:00~13:00
13:30~16:00
※ 水曜日は手術のため、16時までの診療となります。
お昼休み
12:00~13:00
休診日
日曜・祝祭日

当院は予約制となっております。
急患の方は事前にお電話でご相談ください。

〒080-0112 河東郡音更町木野東通3-2-3

駐車場のご案内 詳しくはこちらからご覧ください。